2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

無料ブログはココログ

« 計画性が無い母の為に | トップページ | 私には届かなかった »

2015年12月14日 (月)

誰も知らずに逝くのは淋しすぎる

今日は曇り空でちょっと寒い陽気です。


今日私が車を使う予定が無いので、長女は仕事に行くのに私の車を運転して行きました。

一人で運転して行くのは初めてですがきっと大丈夫・・

でもちょっとだけ心配coldsweats01




そんな今日は義母の命日

あの震災があった年の12月義母は逝きました。



その頃我が家は4階建ての4階、2LÐKに住んで居ました。

年老いてきた義母を受け入れるには狭いと言う事で隣のアパートを借りましたが、

その頃まだ義母は元気で「自分でやらないと動けなくなるから」と言って、何でも一人でこなしていました。



そんな義母でしたが、とうとう一人では生活出来なくなって介護が必要になりました。

痴呆も始まっていたので、話せるときは良かったのですが、意味不明な事を言ったと思っ

たら、突然童謡を大きな声で唄って一人で笑っていたりして、童心に帰っていたのかもしれ

ませんね。

 

私が仕事をしていたので、ヘルパーさんが毎日来てくれて、ヘルパーさん達の

「大丈夫!私達がお世話しますから、頑張って仕事してきてくださいね」と言う優しい言葉

に励まされながら、仕事に行っていました。


何でもかんでもヘルパーさん任せという訳にもいかないし(金銭的な事も有るので・・)

仕事から帰ったら直ぐ義母の所に行き、夕ご飯を食べさせオムツを替えてから自宅に帰っ

て自分たちの夕ご飯の支度をする・・と言う生活が続きました。

 

近所に住む長女(その頃は同居していなかったので)もまだ小さい孫を連れて私が仕事

行ってる間に、義母の面倒を見てくれていました。

 


その日はやっぱり突然来るんですね・・。

毎朝仕事に行くとき義母の家に寄ってカーテンを開け、起きて居たらお水を飲ませてから

出勤していましたがその朝バタバタして遅刻しそうになり(すぐにヘルパーさんが来るから

いいか)と義母の家に寄らなかった。

仕事を始めて一時間くらいしてから会社に電話がありました。


ヘルパーさんが朝行ったら義母が亡くなっていたと。

直ぐかかりつけの先生に電話をしてくれて近所に住む長女に知らせてくれました。



その時はいつか来る事だけど、朝寄らなかった事が頭をよぎり

「朝寄っていれば」「声をかけていれば」と後悔していました。


自転車で帰る途中その事が頭に浮かび涙が止まらなかった。

人目もはばからず泣きながら帰りました。


その話をヘルパーさんにしたら「私も同じでしたよ 大丈夫一生懸命看てくれたからきっと

お義母さんも解ってくれていますよ」と慰めてくれました。

 

「寝てる間に亡くなりたいね」と言うけど、私は嫌と思った。





誰にも看取られずに一人淋しく逝った義母

淋しすぎる。

                              にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 
                                            にほんブログ村

                                   応援ありがとうございます♪




 

« 計画性が無い母の為に | トップページ | 私には届かなかった »

家族」カテゴリの記事

コメント

私も同じような経験をしてます。両親は姉と住んでましたが、未明、喘息の発作を起こした母に姉が行った時は亡くなったばかりでした。
姉のせいではないのに、私に「ごめんね、ごめんね」と謝っていました。
その後、父も亡くなり、姉も満開の桜咲く時期に両親の元に行きました。
今でも思い出すと、胸が痛いです。

☆バルおばさん☆

ほんとに、たまたまその日だけ行かなかったんです。
悔みましたね。
誰にも責められなかったけど、今でも泣きながら帰ったのを思い出します。
それなのに一緒のお墓に入りたくないって思って居る私は
薄情なんでしょうねsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 計画性が無い母の為に | トップページ | 私には届かなかった »