2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ランキング

無料ブログはココログ

« 三島大吊橋に行ってきた | トップページ | 嫌な夢じゃなかったのに・・ »

2016年1月 7日 (木)

奨学金と子離れ

息子、奨学金の支払が終わったhappy01


 

息子が大学に入学する時、一番下の妹(三女)が生まれた。

年の離れた妹が誕生して初めて我が家の一因となった次の日、引っ越しました。


私が入院している間に、一人で引っ越しの荷づくりをし、家の中は箱が積まれ、

たった一晩生まれたばかりの妹と過ごし、一人親元を離れて行きました。


私自身、生まれたばかりの三女がいたので、寂しさは少し薄らぎましたが、それでも、

寂しかったのも事実でしたねweep

もう大学生になる息子なので、一人で頑張れるとは思いましたが、それでも本人も

親元から離れ寂しい時も有ったと後で話してくれました。
 


初めての子供だった事も有り、もう大学生になった息子でも「一人でちゃんと食べて

いるんだろうか・・熱でも出して辛い思いをしてるんじゃないか?」と一人離れて暮らす息子に思いをはせて居ました。


高校生の長女、小学生の次女、そして生まれたばかりの三女と居る中、

息子の生活を見に行く事も出来ず、初めて子離れの辛さを体験しました。



そんな息子も奨学金と家からの仕送りとアルバイトで大学を卒業した。

そして欠かせなかったのが奨学金(私立だったし)

これが無かったら我が家のその当時の家計では絶対無理だった学生生活。

毎年返していた奨学金の支払が終わったと帰省していた息子が言っていた。

支払いが滞りそうになった時はオットに内緒で私が支払いをした事も有った。

それがやっと終わったらしい。( ´ー`)フゥー..

今では離れて暮らしている息子、盆と正月しか帰ってきませんが今はその距離感が良い感じですscissors

                               にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
                                        にほんブログ村

            ☆応援ありがとうございます☆



« 三島大吊橋に行ってきた | トップページ | 嫌な夢じゃなかったのに・・ »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三島大吊橋に行ってきた | トップページ | 嫌な夢じゃなかったのに・・ »