2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ランキング

無料ブログはココログ

« 身近で起こるとは・・・ | トップページ | 小綺麗なお婆さん »

2016年3月11日 (金)

忘れない・・・・・これからも

冬に逆戻りしたように感じる寒さ。。。



5年前、その日その時間私は仕事中だった。

急に目眩に襲われた・・と思った。。

体が横にゆらゆら揺れてまるでめまいの様だったが、

一緒に働いていた人達も同じように感じたらしく、それが地震だという事に始めて気が付いた。

間もなく震源地が東北だという事を知った。

遠く離れたこの地でもこんなに揺れて、どれ程大きな地震なのか不安だった。




 

私達家族がまだ宮城に住んでいた時宮城県沖地震がありその時でも地割れや窓が傾き塀がばたばた倒れた経験がある。

近所に遊びに行っていた息子を一緒に遊んてくれていた小学生のお姉さんがまだ三歳くらいなのに大きい家の息子を引きずる様に抱っこして連れてきた情景が浮かんだ。

当時でさえ震度4か5だった気がするが非ではない位大きな地震がまたやってきた。

そのずーっと昔はチリ地震があった。

その時は実家のあった場所まで津波が来たらしい。

亡くなった祖母は地震が来るたびに「津波が来る!」と言っていましたが経験のない私達にはあまりピンと来なかったのも事実。






会社では女の人だけ帰された。

家に帰って急いでテレビをつけたら津波の映像が流されていた。

映像では津波の様子が写されていたが、まだゆっくり歩いている人が映され

「ほら早くしないとそこまで津波が来てる!」とテレビに向かって叫んでいた。



みるみる間に車が流され家が流され、まるで映画を見ているような作り物のような感覚だった。

私が生まれ育った町も流された。

駅も駅前の美味しいラーメン屋さんもそして我が家が有った所も。




5年経った今復興している場所もあるが、手つかずでそのままの場所もあるようだ。

馴染んでいた目の前の駅も線路も無くなり、全線かどうかは知らないが、廃線になるらしい。

変わってしまった故郷だけど、離れて40年以上経つ故郷。

昔の面影は残せなくても

新しい町へと前進している事でしょう。


同級生や近所のおばちゃんも元気に前進しているといいな・・。

                               にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
                                        にほんブログ村

            ♪応援ありがとうございます♪



時々思い出しては故郷の若い人達のブログを見たりする。

一度我が家のすぐ前にあった海岸を写していたブログがあった。

懐かしかった反面変わってしまった海岸沿いをみていると、

これが現実なんだという事が身に沁みて感じる。


« 身近で起こるとは・・・ | トップページ | 小綺麗なお婆さん »

想い出」カテゴリの記事

コメント

reiさん おはよう^^
まさか!あんな大きな津波が来るとは・・・
海岸に近い我が家でしたが津波は床下で留まってくれました。
そして、後から聞かされる悲報に愕然としました。
いろんな想いが巡って来て、あの日の映像を観るのは辛いですね。

私の住んでる町は今は復興に向け前進してます。

☆チーちゃん☆

あの日も寒い日でしたね
テレビに釘づけの数日でした。
まだ身近な人が津波で逝ってしまうことなど、想像もしていませんでした。

我が町も東海地震や富士山の噴火がいつあるか?心配な土地ですが
今は平穏な毎日を過ごしているし、これからも過ごしたいと思っています。
天変地異には勝てませんけど・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身近で起こるとは・・・ | トップページ | 小綺麗なお婆さん »