2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

無料ブログはココログ

« スカートが一枚も無い | トップページ | 身近で起こるとは・・・ »

2016年3月 9日 (水)

借りた物は返さないといけないけど

昨日は春の陽気だったのに今日は冬に逆戻り。

曇ってるし・・・cloud




 
 

最近奨学金を返済出来ないでいる人達の話題をニュースで取り上げていた。



我が家でも息子が大学生の時奨学金を借りたが、

貧乏な我が家では奨学金無しでは大学に通わせることは出来なかった。



勿論それだけでは足りず家からの僅かな仕送りとアルバイトで何とか切り抜けてくれた。

「私達にもっとお金があれば・・」とも思ったけど、本人は愚痴も言わず無事卒業した。


一度だけ「大学院に行きたい・・」と言った事は有ったけど、我が家の実情と,もう

どこにもお金が無い現実に諦めた息子。

親としては情けないけど見栄を張っても無い物は無い!

後に三人の妹たちが待ち構えていたが、息子にお金を使い果たした我が家では後に

続く娘達の願いは叶えてあげられなかった。



実情を知っている娘達ではあったけど、兄は好きな事出来てどうして私は行きたい所に

行けないの?と当然な思いをぶつけては憤慨していたがそれは尤もな事だと思う。


みんな平等に好きな道を歩ませるレールを敷いてあげられなかった情けない親です。

それでも娘達は自分達の努力で自分達の道をしっかり歩んでいます。




もう十分大人になった息子、先日帰省した時に、

「奨学金の支払が終わった」と言っていた。



息子にとってもある意味借金なので、それが終わってほっとしている様子だったが、

就職したての頃、オットに内緒で私が支払いをしていた時も有った私も胸を撫で下ろした。
 

借りるときは良いけど返すのが大変な奨学金。

今の時代大学を卒業しても必ずしも望む所に就職出来るとは言えないし、

返済に苦労するのも解る気がする。

借りた物は返さないといけないけど、それはそれで難しいのが現実なのかもしれない。

                               にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
                                        にほんブログ村

            ♪応援ありがとうございます♪

昨日「今日は暑くなるらしいから半袖が良いんじゃない?」と中に半袖を着て登校した孫。

一度もトレーナーを脱がなかったらしい。

「寒かった」と言っていた。

だよねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ



« スカートが一枚も無い | トップページ | 身近で起こるとは・・・ »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカートが一枚も無い | トップページ | 身近で起こるとは・・・ »