2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

無料ブログはココログ

« 今時の若い人は・・は羨ましさも入ってるかも知れない | トップページ | 騙されたのに気が付かなかった若かりし頃 »

2016年8月27日 (土)

家の中の事は他人には解らない

まだ台風の影響は受けていません。

明るくなると陽が出てきて今日も暑くなりそうな感じですが午後から天気が崩れる予報です。

今度の台風は進路がまだ解っていないようで我が地方にも来るのか来ないのか・・

取りあえず買い物は今日行った方が良いかもしれない。




夜中窓を開けて扇風機をつけて寝ますが、暑いのか涼しいのか微妙な体感でした。

相変わらず眠りが浅く今朝も4時半には目が覚めました。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.




何かの事件が発生すると「普段は優しくて良い人なんですよ」「優しい子(人)で挨拶もしっかりしてくれました」などと近所の方のお話として報道されたりします。

そんな話を聞くと「家の中の事は知らないくせに・・」と思ってしまいます。


傍から見たら優しい人でも実は一歩家に入ったら変貌するって事もあるんですよね。

手を挙げるとか口の暴力とか・・。

 


我が家のオットは大人しいし優しいお父さんです。

子供がまだ小さい頃、平日休みのオットが子供達と遊べるのは夏休み位です。

子供を連れて海に行く事も面倒くさがらず楽しく遊んで居ました。




そんなオットは近所の人からは「優しいお父さんねぇ」と良く言われました。

挨拶はニコニコして頭を下げます。

いつも元気で子供を怒っている私とは大違いで優しいお父さんです。

そんな優しいオットも夜・変貌します。

 

お酒に飲まれます。

 

普段大人しくしている分夜お酒で発散します。

目が座って何を言っても言わなくても暴れます。

私の目がオットを下げすんで見えるらしく手もあげるし暴力も振るいました。



オットが酔いつぶれるのを待ってオットが散らかした残骸を片づけました。

朝になると人が変わり別人の様になり、いつもの優しいオットに変わります。


その繰り返しでした。
 

その頃は「オットは本当は優しいんだ。お酒がオットを変えてしまうんだ」と決してオットから逃げる事など考えませんでした。

仕事をしていなかったせいも有って生活力の無い私は自分一人で子供を養う事など出来ないと思って居ましたし。



息子が大きくなってから酔っぱらったオットと対等に話が出来る様になってからは、少しづつ大人しくなって行きました。


子供達には苦労させました。

情けない両親だったと思います。




もう今は歳をとってお酒を飲んでも眠くなってしまうのが先で昔の様な雄姿?は見せませんcoldsweats01

お酒を飲み過ぎて手元もおぼつかなくなりそこら中散らかすと孫に「お爺ちゃん汚い!」と言われる始末。




今でもきっと近所の人は「優しいお爺ちゃん」と思ってるはず

今となったらどうでも良いけどね。

                        
                                 にほんブログ村

                     応援ありがとうございます♪

子供達が小さい頃は例えふざけていても父親の顔や頭なんか叩くなんて事は全く無かった。

そんな事をしたら「親に向かって・・」と怒った。

孫は平気でお爺ちゃんのオデコや頭をピタピタ叩いて遊びます。

それを見た子供達はひやひやして見ていましたが、当のオットはニコニコしています。

子と孫の違いがそんなところに出てくる。




« 今時の若い人は・・は羨ましさも入ってるかも知れない | トップページ | 騙されたのに気が付かなかった若かりし頃 »

家族」カテゴリの記事

コメント

楽しいお酒なら良いけど
お酒の力を借りて暴力、それも妻に・・・
ちょっと驚きました@@

辛い日々でしたね。

わが夫も、私には厳しいけど
娘と孫には、甘い甘い爺さんです^^;

☆チーちゃん☆

今は随分大人しくなりました。。
仕事がら腰を痛めてもう私と対等に喧嘩することは有りません。
私が勝つから(笑)
でも今となれば、今だからこそ、別れないで良かったと思います。
何と言ってもしっかり働いてくれますから。
打算的な私です(笑)

孫に甘々なのは皆一緒なのね。
私の方が孫に怖がられていますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今時の若い人は・・は羨ましさも入ってるかも知れない | トップページ | 騙されたのに気が付かなかった若かりし頃 »