2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

無料ブログはココログ

« 都内は配達も自粛? 家族の変化 | トップページ | 品数は減った »

2020年5月18日 (月)

心の狭さは似たりよったり

P1080720

曇りのち雨予報ですが

晴れています

そろそろ梅雨の季節に入ります

雨好きな私なので

全く憂鬱ではなく

むしろ歓迎モード

変わりものです^_^;

 

一日おきに仕事になったオットですが

今日は変則的に仕事

そして明日が休みになりました

今日は娘は仕事なので

一日いつものように孫と各自自由行動な一日です

オットが居ると

夕ご飯の準備も早くから出来ないので

献立を考えて

材料を冷凍から出しておく位しか出来ませんが

居ない日は自分の好きな時間に

自由に夕ご飯の支度が始められる

イラッとする事も無く

穏やかな気持ちでいられるのは有りがたい

 

オットとギクシャクし始めたのは自粛生活が半ば

オットの仕事も世間が自粛生活に入って暫くしてからの事

娘はまだ仕事が有ったけど

マスクも手洗いもきちんとやっていて問題は無いけど

オットはマスクも手洗いも言われるとやる位

家ではマスクをしないオット

仕事中はしていると思いたい

 

そんなオットが

世間と同様休みになって家に居る事になった数日後

元々仕事大好きお金大好きなオット

まして趣味をもたないので

そりゃ家にいてする事がない

テレビ漫画寝る

これだけだもの

暇を持て余すしかない

イライラが頂点に達した時のあの暴言

冷静に考えたら

オットの思いも解らないではないけど

暴言は頂けない

 

その後の私との冷戦状態

もう既にオットは言った事を忘れてはいないだろうけど

些細な事と思っていて

私が怒っている事等

どこ吹く風

時間がたてばいつものような生活が送れる(今まではそうだったけど)と思っている

一つ違ったのは

私がいつまでも根に持っている事

オットの事を心が狭い男と言いながら

実は私も同じかもしれない

 

そうは思っても

今までのように

「まぁいいか」と思えない私がいる

もっと穏やかな気持ちを持つべきなのかもしれないけど

今はまだ無理!

 

オットの仕事が再開しつつあるので

居ない日が増えてくる

そうしたら

私のオットに対する気持ちも変わってくるとは思うけどね

間に入っている娘だけが

頼りの綱

 

私と一対一だったら

きっともっと大事になっているかも

まぁ話をしないだけなので

いても居なくても

違う意味で空気のような存在なのかも

オットがいないと
居間でパソコンやったり
動画を見たりゲームしたり
合間に保存食作ったり
自由を満喫
 
 
 
 
 

« 都内は配達も自粛? 家族の変化 | トップページ | 品数は減った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

reiさんちは暴力はないのかな?
なければそれが救いですね。
わたしの親は暴力があったので、一緒に暮らすわたしはそりゃートラウマになるほどな記憶でした。
ケンカが始まるとハラハラ、いつ仲裁に入るべきか、入ったら入ったで二人のケンカを目の当たりにしなければならない。
そして、どちらも感情的になって冷静さがない。
わたしが少しでも肩を持つ発言をしようものなら、味方につける。なんたる悲しい大人でしょう。
なのでわたしは絶対に同じにならない!と心に誓いました。
でも…子育てして夫の子供に対しての口調が乱暴になったあたりから…デレデレはなくなりツンデレでしのいでいます。
たぶんケンカを見てきたので、穏やかな口調の人が好きなんですね、わたし。
それが子供に対しては命令口調…わたしのトラウマが騒ぐんですね。

わたしの母は対等になって言い合ってました。それで男がまたキレる。
だから女は賢くケンカしないとラチがあかないと思っています。

あ…
またわたしのトラウマ話をしてしまった( ̄▽ ̄;)

ここでわたしの実家騒動をつぶやいているわたし(笑)
ほんとは自分のブログでつぶやきたいのだけど…深すぎて筆が進みません(笑)

☆ ハピハピハートさん

うちと良く似てる
我が家のオットは外では大人しい旦那さまで通っていました
誰一人家で大暴れするオットとは思っていませんでした
それより私の方がはっきり言うので虐げられてる旦那さまとしか思われませんでした
悔しいけどどうせ他人に言っても解ってもらえないし解ってもらおうとも思いませんでしたね

今の私とは想像できないでしょうが、オットが怖すぎて口答えしなかったんですよ^_^;
口答えするようになったのは随分後から
今はオットより口では勝ちますけど^_^;

三女が小学生の頃も上の三人は家を出ていたので
三人で暮らしていましたが、私が仕ッとは事に行ってる時
三女に「なんで家に居るんだよ、お前なんか要らないんだよ出てけ!」って言ったらしい
三女が一番可愛いと思っていたのにそうじゃなかった
お父さんが自分を嫌いだと知ったら娘にしたらもう反抗期突入
つい最近その話を聞きました
いまだに三女は父親が嫌いです
オットは自分が娘にとって傷つく暴言を吐いた事は忘れているかもしれないけど
言われた方は決して忘れない

そう言う事もあってもう兄姉はいえをでているので父親の暴言を一人で受けるしかなかった娘
私が三女の事を庇うのがそう言う理由が有ったから
上の子たちも暴言吐かれたけど一人じゃなかった
三女はそれを一人で受けなくてはいけなかった

その時助けてあげられなかった後悔はあります
まさかそんな事言われてたなんて

今回娘の結婚にあたり
父親との顔合わせを嫌がった娘
兄に生まれてくる子供の為に、嫌いでも父親にはちゃんと挨拶した方がいいと説得されて会う事になりました

みんな大人なので
自分の事だけじゃなく周りの事も考えて行動できる娘になってくれて嬉しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都内は配達も自粛? 家族の変化 | トップページ | 品数は減った »