2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

カテゴリー「想い出」の記事

2021年6月 1日 (火)

6月になると思い出す遠い昔の祖母と両親の事

P1090771

今日も暑くなりそうだけど
湿度が低いから過ごしやすいと思う

朝から窓全開にしてる
半袖だとちょっと肌寒い
 
 
今日から6月
「6月って誰かの誕生日がある月だっけ?」といつも思うんだけど
家族に6月生まれはいない
でもなぜかいつも頭の隅に6月が浮かぶ

祖母の亡くなった月だと思い出す
6月8日午前2時10分
 
一昔二昔な感覚だけど
既に50年たっていた
私が15歳の時だったから

 
月日が経つのは早いなぁなんて思うけど
半世紀前なのに
日にちも時間も覚えてるって
物覚えが良いんだろうか私 (^-^;
 
 
それなのに
父と母の命日を覚えていないと言う不思議
 
父はたしか15年前
母は4年前

母の亡くなった日は
ブログで検索したので日付は分かったけど
父は何年だったか覚えていない
3月だったのは覚えている
 
三女の誕生日間近で
火葬したその日に

「お爺ちゃんきっと孫の誕生日祝ってくれるはず」と
姉の家族がケーキを買ってくれた
 
亡くなって直ぐなのにお祝いするって
不謹慎だけど
きっと父は怒てないと思う
 
 
そんな父と母なのに
親不孝な私は
命日を忘れてると言うより
覚えていないのはどうなんだろう
 
はるか昔の祖母の命日は時間まで覚えてるって言うのに
 
毎年6月になると
祖母の命日を思い出し
そういえば・・と両親の命日を調べる
 
両親より
祖母の方が小さい頃のかかわりが多かった
父も母も仕事してたので
私達姉弟の面倒は祖母が見てたから
きっと亡くなったショックが大きかったのかもしれない
 
そこまで祖母の事を思う私なのに
その日になると
すっかり忘れてしまう

歳とともに
昔のことは鮮明に
今の事はぼんやり
なのか 
 
 
母の葬儀で行った懐かしい大谷海岸
3月とは言え
とっても寒々としていた
変わり果ててしまった海岸沿い
見納めだと思って
しっかり目に焼き付けてきた
 
 

2021年5月25日 (火)

写真の整理見直ししながらだと進まない

Dscn4238_20210525082001
 
今日は朝から晴れ
予想気温は28℃
もう既に24℃
今日も暑くなりそう
 


以前撮った写真を見直して
いるいらないを選別
少し前に3分の1くらいは捨てたりしたけど
まだまだ要らない写真は多い
その中に
母の葬儀の後
姉が送ってくれた物の中に果物があった

 
P1080209_20210525095101
 
 
果物全般大好きでもないので
無くてもいい物だけど
「パイナップルも送るから」と言うので
楽しみにしていた
 
好きでもないのになぜ楽しみにしていたか

パインの葉を植えるとパイナップルが出来る
家でパイナップルを育てられるなんて
考えても見なかったので
「へー!私にも出来るかなぁ」
なんて楽しみにしてたら
 
送られてきたパインの葉が無かった(≧▽≦)
 
姉は送るのに食べない葉はいらないだろうと
親切に落としてくれた
 
「パイナップルが食べたいんじゃないんだよ」
 
パイナップルは食べたけど
実より葉が欲しかった(笑)
 
写真を見直していると
その時の情景が浮かんで
楽しい
 
同じ写真を何枚も撮って
削除するのが大変だけど
保存するときに
いるのだけ残せば済むこと
そのひと手間を面倒がって残しちゃうから
後で余計な手間をかけなきゃいけない
 
暇な時にやろうと思って取り掛かっても
写真を見ながらいろんなことを思い出すと
見直してばかりで
結局削除しないまま
「また後で」と先送り
 
このパイナップルの写真も
実はもういらないけど
捨てられなくて
きっと最後まで残る写真になる
 
写真を整理したら
きっとスッキリするだろうけど

取りあえず
今度ね(^。^)y-.。o○

 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

数年前息子が北海道に行ったときのお土産
話のタネに買ってきたらしい
食べたことないし
食べたいとも思わない
勿論息子が持ち帰りましたが(笑)
 
 

2021年1月24日 (日)

やっぱり捨てられない

20200708_092636_20210124100201

昨日からしとしと降っている雨

今日も一日雨予報です

雨のせいか

気温が幾分高くなっています

 

昨日はオット

読書の一日でした

テレビも飽きたのか?

居間のドアを開ける度にこちらを向くオット

娘か私しかいないのに

確認する意味って

 

若しかしたら

娘だったら話をしようと思っているのかも?だけど

私だとわかると本に戻る

「いちいち見るな!」と心で思う

 

 

先日押入れの片づけをしたとき

古着を処分すべく

ウエスにするものとゴミに出すものに分けておきましたが

(市の古着の回収がコロナ禍の為に中止になっているので)

もう絶対着ないだろう・・いや

着ない手編みの上着

20210107_143828

三女の子供が着られるかも?と思って残してはいたけど

要らないと言われる確率の方がはるかに高いので捨てる物に分別してありました

 

ゴミ出しの日

ゴミ袋に入れる段になって

手に取ったら捨てられなくなった

完全にゴミだし

高価なものでもない

タダの手編みなのに

結局捨てられず

また戻してしまいました

 

いろんなものを断捨離して

自分の中ではすっきりしてるけど

私が居なくなったら

「どうしてこんなもの残してあったんだろう?」と言うものが有ったりする

 

「自分の後始末は自分で」と思っているのに

後始末できないものもあって

子供の手を煩わせないようにと思いながら

しっかり子供の手で捨ててもらおうと思っていたりする

 

スッキリさせるって難しい

捨てて後悔したものもあるけど

捨てられずにいる物もある

まだまだ整理する機会はあるので

その時まで取っておこう

その時はきっと

「要らないから捨てよう!」と思うはず

 

実際この毛糸の上着だって

赤ちゃんの時の服なので

息子も娘も

全く覚えてもいないものだから

捨てたところで

いや 見せたところで

「へ~着てたんだ」って思って終わりなのよね(≧▽≦)

雨が静かになってきました
毎日日曜だし
雨だろうが晴れていようが
私に全く関係ないけど
雨好きな私としては
落ち着くからもう少し降ってくれてもいいんだけど(^-^;
 
 
 
 

2020年12月27日 (日)

懐かしい海の幸

20201226_150709

後数日で今年も終わる

例年なら

年越し年初め用の買い出しの予定を組むころだけど

今年はだ~れも来ないので

まぁまぁのんびりな年末です

 

そんな中

弟が

故郷の知り合いに頼んで送ってもらったらしい荷物が届きました

ホタテと塩雲丹と生わかめ

ホタテは元より

故郷三陸の生わかめも何十年ぶりだろう

20201226_152332

折角の新鮮な海のものなので

急いで貝柱とヒモに分け

焼いて食べるように貝をつけたものに分けました

結構時間がかかった

20201226_155949 

 

生は剥いて孫と味見と称してつまみ食い

美味しかった(≧▽≦)

 

焼きホタテも

茹で卵は意味はない(笑)

20201226_182756_20201226192901

先日姉が「そういえば弟が住所録が見つからなくて住所がわからないって言ってたから

教えてあげたよ」と言っていたのは

これだったのか

 

弟も故郷を離れて長い

病気を患って思うように動けない今

昔のように

お正月用の海のものを送りたかったんだろう

 

味もさることながら

懐かしい海の幸を食べさせたいと思う気持ちがうれしくて

思う存分

味わっていただくことにします(^^♪

三女の赤ちゃん
「母乳飲んだふりするから体重が増えない」
「飲んだふり」って(笑)
そんな技は使えないだろう(≧▽≦)
 
 
 
 

2020年3月12日 (木)

迎えに来たと思って怖かった

P1140908

わが故郷宮城の大谷海岸

数年前母の葬儀で何十年振りかで訪れましたが

懐かしさと同時に変わってしまった様子にビックリもしました

 

東日本大震災

9年たちました

我が家があった場所も

この海から数十メートルの場所

みんな流されて原っぱになっていました

 

昨日は遠く離れた地から

黙祷を捧げました

 

先祖代々のお墓はそこにあります

父も母も晩年はその地を離れて住んでいたので

遠く離れた地からその様子を見て

そして亡くなった後は

またその地に眠っています

 

お墓を移す事も考えていましたが

弟のたっての希望で

まだそこにあります

 

普段震災の事は忘れてぐうたらしている私ですが

やっぱりこの時期になると思いだします

 

もう何十年も離れて、今住んでいる所の方が長いけど

生まれ故郷だから

家が無くても

やっぱり故郷に違いは無い

 

 

毎日コロナの影響で

マスクや無い事や

トイレットペーパーの買いだめで

そわそわした毎日でも

時間が容赦なく流れていきます

 

ここ数カ月

知っている人が沢山出てくる夢を見て

数日前は母の夢を見ていました

 

どこぞのお葬式に行くらしく

白い着物を着ていました

夢の中でも

「黒じゃなく白?」と不思議に思いました

そして母が私に

「一緒に行こう」では無く

「帰ろう」と言ったのが不思議で目が覚めて

初めて怖いと思いました

 

追いかけられるとか

殺されそうになる夢は見た事あるけど

「帰ろう」にこんなに恐怖を感じた事は無かったです

 

夢の中で

お葬式に黒では無く白い着物の母と

一言の帰ろうに

曖昧な返事をして良かったと

目が覚めて思いました

夢の出来事を信じる私ではありませんが

起きた時

怖いと思ったのは初めてでした

 

今月は父と母の命日があります

「たまには思い出して」と言ってるのかもしれないですね

普段無頓着な私なので

忘れてる方が多いけどね^_^;

今日も相変わらず平穏な我が家です
オットと娘は仕事に
私と孫は家でぐうたら
私のぐうたらと孫のぐうたらの
意味は違うけど^_^;
 
 
 
 

2020年1月29日 (水)

気にしないけど

20200117_123131

今朝は雨も上がり

比較的暖かく感じる朝です

最低気温が10℃

最高気温予想は20℃

まるで春ねぇ

 

 

私は何歳まで生きられるんだろう

なんて思う事ありませんか?(唐突ですね)

 

別に何があったと言う事では無いですが

ふとそう思う事があります

 

今65歳の私です

まだまだ長生きする予定ですし

この世からサヨナラしたいとも思ってはいません

 

この頃毎日のように夢を見ます

夢は皆見ているけど朝には殆んど忘れるらしい

事細かには覚えてないけど

いろんな人が出てきます

それも生きてる家族

もう亡くなってる家族

知り合いもいるけど殆んどが家族

 

怖い夢ではないけど

楽しい訳でも無い普通に淡々と過ごす夢

暫くすると内容は忘れてるけど

 

ずっと前にみた不思議な夢の事を思い出していたからなのか?

 

まだ少し若かったころに見た夢(前にも書いた事あるけど)

今はもういない母から頼まれてお使いに

母もまだ少し若いころだけど私も若い

母に

「あそこの河原の淵に棚があるからそこから箱を持ってきて」と言われた

何も考えずに浅い河原を歩く私

綺麗な水だった印象がある

極浅くてスムーズに歩いて行った

川の向こう側は緑の原っぱ

川と原っぱの境にその棚はあった

何故か木の棚だった気がする

その中に白い布に包まれた箱が置いてあった

 

「これだな」と少し重い感じがしたけど

その箱を抱え戻って行った

それを母に渡したかどうかは覚えていないけど

どうしてこの箱を持ってきてって言ったんだろう?

そして中身は何だったんだろう?

と不思議に思った夢だった

 

なんと言う事は無いそれだけの夢なんだけど

何十年たった今でも覚えている

当時母も私も健康で

何かの前触れな感じでも無かった

 

あの布に包まれた白い箱・・

そして三途の川?

原っぱ?

 

まぁいろいろ思ったけど

所詮

夢だし

 

その夢の事を思い出したり

亡くなった家族の夢を見たり

 

マイナス思考な私では無いので

深く考える事は無いし

大体まだお迎えが来る年でも無いと思ってはいるけど

先日のオットの同い年の人の突然の死もあるから

いつ何時どうなるかは神のみぞ知る

神様信仰してないけど

どうかもう少し長生きさせてください

と神頼みはしておこう

 

普段知らんぷりなのに

こんなときだけお願いするのもなんだけど^_^;

そして昨夜の夢
以前住んでいたマンション
息子と弟が話し合ってる
私達が寝ている部屋にエアコンが3台設置してあった
台所のエアコンが壊れて
3台のうちに1台を移すかどうか考えているという
1部屋にエアコンが3台って・・
豪邸か?な変な夢(笑)
6畳だけど
 
 
 
 
 

2019年12月10日 (火)

雨が好きな理由

20191128_114326jpgss_20191210091101

朝まで雨が降っていました

寒さも少し和らいでいます

 

登校する孫の傘が折れていたけど

そのまま差していきました

 

買っての直ぐ扱いが雑で少し折れ曲がって

娘からこっぴどく怒られた

 

その傘がやっぱり折れている模様

娘に言えないようで

そのまま差して行きました

新しい傘は買ってあるけど

少しは雑な扱いを反省してるのか

折れてる傘を差して行った

 

骨が一本折れても

差せない事は無いけど・・・・

 

 

子供の頃

まだ我が家にテレビが無い頃

(あの東京オリンピックの時テレビを買ったから)

雨の日は何もすることが無い

大人はそれでも

何かしら用事はあったけど

子供だった[幼児の頃)私たち姉妹はする事も無く

祖母が雨戸を全部閉め

お昼寝をする

昼なのに

真っ暗な部屋に布団を敷き

堂々とお昼寝が出来ることが

私にはとても楽しい事だった

する事が無い雨の日の娯楽はお昼寝

 

私が覚えているのは

祖母が冷たい私の足を

自分の足で温めてくれた事

足が温まってそれがとても気持ち良くて

至福の時だったと思う

雨の時のお昼寝の時のその情景を思い出すと

どうして私だけがその恩恵を預かったのか解らない

姉も妹も同じだったのか

若しかしたら

祖母の寝床の取り合いをしたのかもしれないけど

雨の日のその祖母の温かい脚が今でも忘れられない

 

今はもう雨が降る=お昼寝とは考えないけど

雨が好きなのは

そう言う事が頭に中に残っていて

良い思い出しからなのかも

何故か昔の思い出に母が出て来ないのは

不思議だけど^_^;

 

気がつかないで居る私は

きっとお婆ちゃん子だったのかも

お婆ちゃんに我がまま言って

決していい子ではなかったけど

 

シトシト降る雨が好きなのは

お婆ちゃんの温かい脚がとても嬉しかったからかもしれない

 

 

大人になって

出窓からジッと雨垂れを見て居た時

近所の人が「何してるんだろう?大丈夫か?」と思ったと後で言っていた

身じろぎもせず

ずっと雨垂れを見ていたら

そりゃ大丈夫か?って思うよね(笑)

 

でも雨って何か落ち着く

 

今の私はとても暑がりで
足が冷える事は滅多にありません
私以上に暑がりの孫
暑がり同士
お互い
一緒に寝たくない^_^; 
情緒もへったくれもない(笑) 
 
 
 
 
 

2019年8月20日 (火)

懐かしむだけの場所だけど 若しかしたらもう一度行けるかも

P1080184

宮城大谷海岸

今はこの景色も替わってるだろうけど

 

数年前母の葬儀で何十年ぶりかで行った

私の生まれ育った家の目の前にあった海水浴場

この場所には大谷駅があった

(正確にはこの付近だけど)

 

付近の家々は流されたけど・・・

もう行く事は無いかもしれない生まれ故郷

懐かしくて時々写真を見る

 

海には裸足で歩いて行ったけど

もう泳げない場所なのかもね

 

 

我が家が有った場所

父母がこの地を離れる時手放したから

もう自分の土地ではないけど

P1140913

pcで写真の整理をしていたら

懐かしい写真が出てきて

見入ってしまった

 

紙の写真は処分したけど

pcに入っている写真は残ってるからね

 

昔の場所を眺めて「懐かしい」って思うのは

歳をとった証拠?^_^;

かもね

 

 

父母を含め

ご先祖様のお墓は私も生まれたこの地にある

 

母が亡くなった二年前に数十年ぶりで故郷に帰った

父の病気でその地を離れ

その後父も母も亡くなった

 

 

 

今回北海道旅の帰途にご先祖様のお墓に行こうかと考えた息子ですが

お墓(お寺)の場所が解らず

断念したとか

 

息子は3歳から6歳位までこの地で過ごした

海の事は覚えてるようだけど

他はあまり記憶には残って無いと思う

 

そんな息子が

お墓参りしようと思うなんて・・・

来年また北海道旅に行くので(予定だけど)

その帰りに寄ってこようかと思っています

 

母の葬儀で何十年ぶりかで帰って

もう行かないと思っていた故郷だけど

またあの海が見られると思うと

嬉しい

楽しみが増えた

 

昨晩の雨は凄かった
朝まで降りそうな勢いだったけど
朝にはあがっていた
雨上がりの朝は清々しい
日が出て既に暑いけど^_^; 
  

2019年2月27日 (水)

原付の免許をとった時のドタバタ

P1120414jpgaa

夜中12時に目が覚める
「そうだよね 笑」と絶対朝じゃないと確信しながらまた寝る
いろんな夢を見ながら何度か目覚めたけど、オットが出かけた4時過ぎには爆睡していたらしい^_^;
いつもの時間、5時に起きた。
5時に起きる必要はないけど(笑)
   


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



もう車の運転をしなくなって2年は経ったか。

車はもう無いし(三女にあげた)近場は歩くし遠くに用事が有れば長女に送ってもらうし。

それでも年に数回仕事で電車移動の長女を送って駅まで行く事は有る。

緊張しっぱなし。

あまりに緊張して赤信号なのに普通に通っちゃったり・・。

緊張してるって言わないか(笑)



   
私が初めて免許を取ったのは、16歳の時だったか

原付だけど。

当時実家では魚屋を開店し配達は父がしていたけど、いない時に困るようになり私にその矛先が回ってきた。

原付でも乗れるのは嬉しかった。

講習受けて学科のテストしただけだったと思うけど(昔なので忘れたけど)

「原付なんか一発でとれるよ」と言われていたので、かえって緊張(笑)

 

試験が終わって合格発表で自分の合格を確認して手続きの為教室に戻り自分の席に戻ろうとした時私の席に試験中、前に座っていた男の人が・・・・。

自分の番号を確認したはずなのに他の人が座ってるって事は私は落ちたのか?とがっかりしながら帰りのバスに乗りました。

あれ程皆が「簡単だ」と言っていた原付の試験すら落ちるなんてどれだけ馬鹿なんだ私は・・と泣きたい気分でバスに乗っていると、バスとすれ違う父のバイク。

どうした?何かあった?と思ったけど、原付如きに落ちてしまったと思った傷心の私は、父の事など考える事無く家に着いたら母が、「今父ちゃん行ったけど会わなかった?免許合格してるのにお前が居ないって連絡が有ったから」


「合格してたって!??」

急いでまたバスに乗り試験場に逆戻りし、無事免許証貰う事が出来ました。

ドタバタな1日だった^_^;


私の椅子に座っていた男の人(おじさんだったけど)が自分の番号を見間違えて私の席に座っていたらしい。

その人は不合格だったようだ。

後ろ姿しか知らないけど、がっかりしただろうなぁ?と私を振り回した男の人だけど、少し可哀そうになった。

   

因みに息子は大学生の時に原付の免許をとった。

車の免許を取った時、免許証がブルーではなくゴールドスタート。

娘の方が先に免許を取ったのに後にとった息子がゴールド

「原付の免許持ってるから初心者じゃないんだよ」と娘に言ってた。

「嫌な感じ!」by娘


 
                にほんブログ

いつも応援ありがとうございます♪

車の免許取得は43歳の時
一緒に行った同じ教習所仲間と取りあえず試験を受けた。
合格すると思っていないのでその日の手続きの段取りを頭に入れ次の日の試験がスムーズに行くように確認した。
一発合格してた。
あっけなく免許取得出来たけど、いつまでもあの段取りは頭に残っていた(笑)








2018年12月11日 (火)

指が成長してた?

P1070399jpgaaa



急に寒くなってきた。

我が地も昨日は寒くて10度にならなかった。

他の所はもっと寒いと思うから、これしきで寒いなんて言ってられないんだけどね。


いつものようにストーブで暖まろうと思っていましたが、足元が寒くてなかなか暖まりませんでした。

いつも一人だけでストーブガンガン使うのは勿体ないと思っていましたが、寒くてそんなこと言ってられなくなりました。

今日も寒くなりそう

こんな日は家の中でジッとしていたいけど美容院に行く予定。

縛ったままでもいいけどね^_^;

  


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
  


私は結婚指を持っていない。

正確には持っていたけど今は持っていない。

結婚指輪とはいえ、決して高価では無い。

二十歳そこそこのオットが買える値段のものだから。
  
最初は勿論指にはめていたし、何ならギクシャクしてた時ですら指にはめていた。


 
その頃、仕事で指輪NGな為に仕事中はポケットに入れていた。

当時4階に住んでいたが、ある日仕事着を洗濯したらチャリーンと言う音を耳にする。

ポケットから指輪が落ちてしまったらしい。

不仲だったし、結婚指輪なんかどうでもいいとさえ思っていた頃だったので、事もあろうに「後で拾えばいいか」と思った。


数日たった時すっかり忘れていた指輪を一階の人が拾って持っていると言う。
後日貰いに行くことになっていたが、なんとその人が亡くなってしまった。

ずーっと具合が悪かったから。



「私の指輪・・・」と思ったけど、一人暮らしだったので片付けは知らない人がやっていた。
「私の指輪有るはずなんだけど・・・」なんて言えるはずもなく、きっと他のゴミと一緒に処分されたと思う。


その時少しだけ「もう少し早く受け取りに行けば良かった」と思った。
  
今は「落とした時直ぐ拾いに行けば良かった」と後悔。


まさかオットと普通に生活できるようになるとは思っていなかったからね


 
数年間は指輪の後は残っていたけど、今は綺麗なものよ
指輪なんていらないけど・・・・


 
そう言えばもう一つ指輪はあった。

誕生石のトルコ石ののったもの。

サイズが全く合わず、指にはめるとクルンクルン回って結局しまったまま45年(笑)


思い出して嵌めてみたらぴったりだった。

  
指が成長してた^_^;


   
                にほんブログ

日曜日休みだった
そして今日も休みだって・・オット
私は美容院に行くけど、オットはきっとテレビのお守だな^_^;








より以前の記事一覧

その他のカテゴリー